規則正しい生活を心がけて

私も妊娠中はひどい便秘に悩まされました。
便秘に効くツボや運動・ストレッチ・食事療法など様々試しましたが、一番効いたなと思うのはやはり『規則正しい生活をする』ということです。

食事、睡眠の時間を規則正しく

つわり中は眠気がひどくて朝もなかなか起きられなかったので、朝食を毎日とれていなかったことが便秘につながっているのではないかと思い、つわりが落ち着いた頃から朝はしっかり起きて太陽の光を浴びながら朝食を食べることを心がけました。
すると、徐々に便秘が解消され、毎日同じ時間に排便できるようになりました。

食事の内容も、夏場のつわりだったので毎日そうめんやゼリーばっかり食べていたのをお米に変え、肉・魚・野菜をバランス良くとるようなレシピを調べてできるだけ自炊しました。
つわりでお米がダメだという方も多いと聞いていたので、私もお米を食べて具合が悪くなってしまうことを恐れてゼリーやアイスなど口当たりの良いものばかり摂っていたのですが、それではやはり元気が出ないし、元気が出ないと外出もせず運動もせず、そして食欲も湧かずで余計便秘が続いてしまい、それがまた体調不良を招くという悪循環になっていたんだと思います。

ヨーグルトやプルーンやバナナなどもデザートに取り入れたことでより便秘解消を促進できたと思います。


また、湯船の中でのお腹のマッサージもなかなか便秘に効きました。
産婦人科の妊婦健診で、夏なのに『足が冷たい』と看護師さんに指摘された為、毎日暑くても湯船に浸かるようにしたのですが、湯船に浸かると夜の寝付きも良く、寝つきが良いと翌朝もスッキリ起きられるので良いことづくめだと思います。


ただでさえ妊婦はつわりがあったり体が重かったりして大変なのに便秘でお腹が苦しくなったり痔になってしまったとなると、それはそれは大変です。
つわりは防ぎようがないですが便秘は努力次第で改善できるので、自分にあった便秘解消方法を見つけて実践し、快適なマタニティライフを送ってほしいと思います。